抑毛ローションで大人気のフラワーエピソード「コントロールジェルME」ですが、正しい使い方をすることで、ムダ毛が生えるのを抑えてくれたり、すでに生えているムダ毛を産毛のように薄くすることができます。

では、コントロールジェルMEの効果的な使い方とはどういうものでしょうか。

使用方法については、購入した時に付いてくる説明書にきちんと記載されています。

1日2回、朝とお風呂上りに毛の流れに逆らって塗ってください。

やさしく重ね塗りすると効果的です。

たったこれだけです。

ただ、使用する部位ごとにもうちょっと細かい説明があります。

【顔】
洗顔後に眉を避けた顔全体に塗ります。
シミ・しわが気になる部分は、2~3回重ね塗りします。

【脇の下】
腕を上に伸ばした状態で、上から下に向かって塗ります。

【腕】
毛の流れに逆らって塗ります。
手首の方から上に向かって塗ります。

【足】
毛の流れに逆らって塗ります。
足首の方から上に向かって塗ります。

【ビキニライン・アンダー】
毛質が異なる部分なので、念入りにケアすることをおすすめします。
肌がすべすべになり、くすみも改善されます。
毛穴の引き締め作用も期待できます。

【お腹&背中】
ムダ毛処理をしないままジェルを使っても、十分に目立たなくなります。
早い効果を期待する方は、ムダ毛を処理してから使ってください。

コントロールジェルMEをとくにムダ毛が濃い部分に使う場合は、最初にムダ毛処理をした方がいいです。

カミソリで処理する場合は、処理前に必ず水分を与えて保湿するようにしてください。

保湿することによって、毛が膨張し柔らかくなるからです。

また、専用のシェービングクリームを使うようにしてください。

このときボディソープなどの石油系合成界面活性剤を使うと、必要以上に水分を奪い乾燥して肌が荒れる原因になります。

>>> コントロールジェルMEの詳細:公式サイトはこちら







市販の脱毛器を入手すれば、自宅で簡単にムダ毛をお手入れできます。同居する家族と使い回すという事例も多く、利用者がたくさんいる場合は、肝心のコスパも一段と高くなると言えます。

「お手入れしたい箇所に合わせてやり方を変える」というのはざらにあることです。腕や脚なら脱毛クリーム、デリケートゾーンならカミソリという具合に、適切な方法に切り替えるべきです。

VIO脱毛のおすすめポイントは、毛量を調節できるところだと言っていいでしょう。セルフケアだと毛自体の長さを加減することはできるでしょうけれど、毛の量を減らすことは難儀だからです。

「デリケートゾーンのヘアを何度もケアしていたら皮膚が負けてしまった」、「形がゆがんでしまった」という失敗談は数多くあります。VIO脱毛を始めて、こうしたトラブルに遭わないようにしましょう。

一年通してムダ毛の除去作業が不可欠な方には、カミソリでのセルフ処理は適していません。脱毛クリームの利用や脱毛専門エステサロンなど、別の方策を考えた方が賢明です。

今時のエステサロンにおいては、ほとんど全身脱毛コースが設定されています。一回で身体のすべてのゾーンを脱毛してもらえますので、労力やコストを削減することができます。

ワキ脱毛を利用するのに最適な時期は、冬季から春季までと言えます。脱毛し切るのには1年程度の時間を必要とするので、この寒い冬の時期から来年の春期までに脱毛すると良いでしょう。

昨今の脱毛サロンの中には、学割サービスを設けているところもあるようです。仕事をするようになってから通い始めるより、日程のセッティングが簡単な学生の間に脱毛する方が賢明だと思います。

学生の時など、いくらか時間を好きに使えるうちに全身脱毛を完了してしまう方が良いと思います。それから先はムダ毛の処理がいらない身となり、ストレスフリーなライフスタイルが手に入ります。

永久脱毛するのに専門店などに通うことになる期間は大体1年ですが、脱毛技術の高いお店をセレクトして施術してもらうことができれば、永続的にムダ毛がまったくないきれいな肌を保ち続けることができます。

小さな家庭用脱毛器でも、一生懸命に頑張ることにより、長期的にムダ毛ケアいらずの体にするのも夢ではありません。長い目で見て、着々と続けてほしいです。

「脱毛エステで施術したいけど、費用が高くて無理であろう」と思い込んでいる人が少なくないそうです。但し今現在は、月額固定サービスなど少ない費用で通うことが可能なエステが目立ってきています。

「脱毛エステは料金が高いから」と尻込みしている女性は多いかもしれません。ですが、未来永劫ムダ毛ケアを省略できる快適さを考えたら、決して高い値段ではないでしょう。

VIOラインのムダ毛の手入れなど、施術スタッフとは言え第三者の目に触れるのは抵抗があるといった箇所に関しては、自宅用の脱毛器を用いれば、人目を気にせず心ゆくまで処理することが可能なのです。

脱毛に関する技術は相当レベルアップしてきており、肌に加わるダメージや施術で感じる痛みもごくわずかで済みます。カミソリを使うことによるムダ毛ケアのリスクを心配しているなら、ワキ脱毛が最適だと言えます。